人気ブログランキング |
ブログトップ

横浜 白楽のプリザーブドフラワー教室 rose blancheへようこそ

マウリッツハイス美術館展

マウリッツハイス美術館展_c0195496_1545982.jpg


横浜 白楽 プリザーブドフラワーアレンジレッスンサロン

「 Rose Blanche 」  ロゼブランシェです。

上野 東京都美術館へ、 「 真珠の耳飾りの少女 」  に 会いに
行って参りました。

雨がパラパラと降る午後、 久しぶりの東京都美術館は
とても綺麗にリニューアルされていました。

生憎のお天気にもかかわらず、 入場には列ができておりまして
想像通り、 混んでいました。

「 あなたに 会いたくて 」  

マウリッツハイス美術館展_c0195496_1546876.jpg

今回の ヨハネス・ フェルメール 「  真珠の耳飾りの少女 」  は、 新聞や テレビでも
盛んに紹介されていました。

彼女の前には、 大勢の人々が詰め掛けて、 美術館の中に入ってから、 なんと
30分以上の列に並び、 やっと 「 会う 」 ことができました。

平日の午後なのに、 男性がとても多くて驚きました。
やはり、 美しい少女に 会いたいのでしょう❤

「 何を見つめているの? 」  
その瞳は、 何を見つめて、 唇は何を語ろうとしているのでしょう?

別名は、 「 青いターバンの少女 」  

フェルメール ブルーといわれる、 ラピスラズリーの ウルトラマリンブルーが
あまりにも印象的、 そして この 青をひきたてている 補色の黄色の衣装
暗い背景から浮かびあがる 真珠の輝きと瞳、 そして 唇
ハイライトの入れ方が 絶妙ですね。

「 光の画家 」 と呼ばれる フェルメールの技量に改めて驚かされました。

今回の 「 マウリッツハイス美術館展 」 は、 17世紀オランダフランドル絵画を
特徴づける 「 歴史画 」 「 肖像画・ トローニー 」 「 風景画 」 「 静物画 」
そして 「 風俗画 」 の 5つの ジャンルで 構成されていました。

絵画の原点の 聖書や神話の 「 歴史画 」 には、
フェルメールの 最初期の 「 ダイアナとニンフたち 」
ルーベンスの 「 聖母被昇天 」
私の お気に入りは、 レンブラントの 「 シメオンの賛歌 」
マウリッツハイス美術館展_c0195496_163576.jpg

陰翳の美に驚嘆いたします。

「 肖像画・ トローニー 」 に 「 真珠の耳飾りの少女 」や
レンブラントの 自画像

「 風景画 」 には、 ライスダールの 「 漂白場のあるハールレムの風景 」 
青い空に白い雲、 そして
印象派コローやシスレーの描いた美しい森の風景の元となったようなものが
ありました。

 「 静物画 」 は ブリューゲルの 「 万暦染付の花瓶に生けた花 」
マウリッツハイス美術館展_c0195496_165159.jpg


そして、 「 風俗画 」 は 
フェルメールが静謐な室内画を多く残しましたが

ヤン・ ステーンは、 ユーモラスな市民の生活を描きました。

いずれにしましても、 海洋貿易で栄えた17世紀オランダのフランドル絵画の
黄金時代の傑作、 上質な 「 絵画の宝石箱 」 といったところでしょう❤

是非また 足を運びたいと思いました。

マウリッツハイス美術館展_c0195496_16311583.jpg





横浜 白楽 プリザーブドフラワー アレンジレッスンサロン

「 Rose Blanche 」  ロゼブランシェ

メールを お待ちしております❤

メール: roseblanche_k@yahoo.co.jp
by blanche_k | 2012-07-15 16:18

こんにちは。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31